技術向上用教材

FXをシンプルに考えてみる(初心者~中級者用)

管理人も、みなさまと同じようにこれまでいろいろなFXの手法を勉強したり、実際に試してみたりしました。

テクニカルの手法だけでも、ライントレード、トレンドライン、移動平均線、RSI、一目均衡表、MACDなど多種多様で情報が氾濫している状態です。
必要な情報はインターネットで検索すれば簡単に入手できるため、情報過多で混乱してしまい、結局のところ、何を信用してどのようにトレードすればよいかわからなくなります。
重要な核となることは何なのかがわからない状態では何をしても意味がありません。

情報が多くて混乱する例として、FX初心者が、テクニカルの手法を1つ試して、ダメと思ったら、別の手法を試してみるといったことを延々とやり続けることです。
いわゆる聖杯探しに時間を費やしてしまい結局何も残らないことです。

そこで、私なりにFXをシンプルにかつ、原理原則に基づいて考えてみました

個人投資家がトレードでできること

これは3つしかないと考えています。

1つ目は、資金に対してどのくらいのロットとするか?
2つ目は、いつエントリーするか?
3つ目は、いつ手仕舞うか?

ほとんどの個人投資家は、自分の投資金額で市場の価格に影響を与えることはできない小さな存在です。
当然ですが、エントリーして逆方向のトレンドが発生したからといって、トレンドの流れを変えることはできません。
この時点でできることは手仕舞うという行動のみです。チャートをいくら眺めても何も変わりません。

数千万円の投資家も、数万円の投資家もこの3つの行動に集約されると思います。

理屈上は、この3つの行動さえ正しいことをすれば、FXで勝ち続けることができることになります。
別の言い方をすれば、ルールを守る、または、間違ったことをしなければ、大きく負けないと思います。

では、具体的に3つの行動に対してどのように振る舞うのが正しい(ルールを守ること)のでしょうか?

 

資金に対してどのくらいのロットとするか?

もっとも多い失敗は、資金に対して大きなロットでエントリーしてしまい、口座の資金を飛ばしてしまうことです。
では、どのくらいのロットにすればよいのでしょうか?

これは、破産確率から、1回当たりの投資金額が数式で算出できます。これを守れば破産の確立が急激に減少します。(ただしリスクリワードがプラスの投資をする前提)
これを算出すると、1回の投資金額は、全投資資金2%前後となります。
管理人も、これを推奨します。

こちらの本に破産確率に関することが書かれていますので参考にしてみてください。
システムトレード 基本と原則 Kindle版

 

いつエントリーするか?いつ手仕舞うか?

エントリー手法は多種多様な方法があります。これをいろいろと探してもわからなくなります。
これもまずは理屈で考えてみると、結局のところ、

確率統計的に優位性のあることを、ひたすらやりつづけることです

いつエントリーして、いつ手仕舞うかも結局は、確率的に優位性があるかどうかが最も重要で、方法は何でもよいことになります。
勝率30%の方法でもいいし、移動平均線のみでもローソク足だけで判断しても良いことになります。もっとも重要なことは、確率的な優位性があるかどうかです。
気にすべきは、この1点のみとなります。

ですので、エントリー・手仕舞いが、確率的に優位性があるかどうかわかっていないで行うというのは、悪い行動となります。

負けても確率的に優位性があるエントリー・手仕舞いであれば、良いトレードとなります。

 

確率的に優位性がある方法を身につける方法

これはいろいろな方法がありますが、私の考えた方法を数例紹介します。

情報商材を購入し、PFを意識して習得できるまでデモ口座、FTでトレードする

このサイトでSランクの商材はどれも管理人が確認していますのでおすすめできますが、良い情報商材を購入して、FT(フォレックステスター)で数百回トレードすることはかなり有効です。
デモ口座や実践より、トレード回数が飛躍的に多くできますし、PF(プロフィットファクター)もわかり、優位性のある手法かどうかもわかります。
勝ったり負けたりを繰り返して優位性のある方法なら最終的には利益となっているはずです。
例えば、「ぷーさん式トレンドフォロー」商材は、もっともシンプルで、確率的に優位性がある手法です。初めはあまりに簡単すぎるのでこれで良いのかと思うのですが、実際にトレードしてみると、習得するには100回はトレードが必要です。損小利大で優位性がある手法です。

 

日々のトレードで思いついたことをFTで試して自分なりの方法を見つけ出す

もっとも時間がかかり試行錯誤が必要かもしれませんが、このやり方で見つけた方法は自分の血となり骨となりもっとも身に付く方法です。

管理人は、例えば、ラインブレイクのダマシだった場合に、ダマシの方向にエントリーしたらどうなるかというのをFTで検証してみたこともあります。こちらはなかなか良い結果の時もあったのですが、あまりエントリーチャンスがないため実際には使っていません。しかし、実際のトレードでは検証したためチャートが頭に残っているので、ダマシを回避することを意識したトレードができるようになりました。

 

日誌をつける

日記をつけていくと、自分なりのくせ、得意なところ、苦手なところなどが見つかってきます。例えば、ブレイクしたら飛び乗ってしまう、ブレイク前にエントリーしてしまう、待てないなどの苦手分野から、利益を伸ばすのは得意だ、などです。結局のところ、確率的に優位性がある方法を見つけ、習得するには、個人の性格・得意・不得意を理解した上で、見つけないと身につかないと思います。

 

自分が負ける方法の逆をFTで試して方法を見つけ出す

例えば、ナンピンの逆をしてみるとして、上昇トレンドで利益がでているときにさらに買い増しをしてみるなどです。
何かいい方法が見つかるかもしれません。

 

では、実際のところ、正しい行動ができるのか?


仮に、1回の投資ロットを資金の2%が良いと知り、確率統計的に優位性のある手法を入手した場合に、初心者がこの投資を続けることができるでしょうか?
FXを初めて1年未満の人はほとんどできないと思いますし、そもそも、優位性のある方法かどうかもわからない適当なトレードをしている状態がほとんどと思います。
また、上記内容を知っている方も、守れている人はあまりいないと思います。

なぜできないのか?

あらかじめ決められたロット数でトレードを行うこと、及び、確率統計的に優位性のあるトレードができない理由は何なのかを考えてみました。

1つ目の理由として、
頻繁に言われていることですが、プロスペクト理論があります。エントリー中は人間の防衛本能が働いた状態になります。本能ですので、止めることはかなりの訓練が必要となります。金を失うことについて人間はかなりの恐怖を覚え、損切の痛み・ダメージは大きく、損を回避しようとしてしまい損切ができません。また、負けを取り戻そうとしてして無駄なトレードをしてしまうこともあります。正常な判断が知らず知らずにできなくなります。これは初めの内は一人では止めることはできないと思った方が良いです。

2つ目の理由として、
確率的な優位性がある方法を知っている状態ではだめで、自分の中で本当に理解し身につける必要があることです。
人間は、分かっていることと、実際にできることは違うということがあります。FXにおいては他人から入手した手法はなぜかすぐにできると勘違いしてしまうのです。
野球でもゴルフでも、見ていると簡単そうに見えますが、実際にしてみると全くできません。

 

できるようになるには?


解決方法の提案を考えてみました。あくまで一例ですので、参考にしてみてください。

できるようになる方法その1

エントリー前の冷静な状態で、エントリーポイントなどトレードのあらゆることを考えます。
そして、エントリー時に、損切の設定、利確の設定をあらかじめしておくことです。
その後は、上記であげた3つの投資家ができることはもうありませんので、あれこれと考えることは無駄で、損切されるか利確されるまで待機します。
チャートを見ても理屈上は何も変わらないので見る必要もありません。損切、利確の設定を基本変えることは禁止です。
エントリー後は、冷静な考えができなくなると割り切り、トレード中は、何もしないのです。

エントリー後に損切を設定する、利確ポイントを考えることは、冷静な状態でないので、統計的に優位性のあることができるのは難しいと思います。
トレード中に損切、利確を判断することは、確率的に優位性のあることができるのなら良いのですが、それができないなら裁量トレードと言わず適当なトレードです。

 

できるようになる方法その2

FTを使って数百回トレードを行うことでトレードの経験値を上げることが良いと思います。
知っているから、意識しないでもできるまで習得する必要があります。
また、実践を通して、本当の意味で確率的に優位なことをすることが良いことだと理解することが必要です。
例えば、あるポイントでエントリーするのが優位な方法とした場合、習得していない場合は、こんなところでエントリーしてよいのだろうかと疑問に思いますが、
苦労していろいろな経験を積み重ねていれば、感覚的にも理解しているので、普通の人ができないところでエントリー、損切ができます。

おすすめの商材

「ぷーさん式トレンドフォロー」で練習すれば、確率的に優位性のある手法とはどのようなものか実感できます。

「マーケティングFX」は、各種のインジケーターが付属してあり、上記の「個人投資家がトレードでできる3つのこと」が自動できちんと行えるようになっています。初心者の方はこちらで慣れてみるのも一つの方法と思います。
具体的には、
⓵ロット数を自動的に、1回のトレード資金を全投資資金の2%と設定できる(数値は変更可能)
⓶優位性のあるエントリー、優位性のある手仕舞いが、できる。
⓷⓵⓶について、エントリーの際に損切、決算の設定が同時にできる。そのため、エントリー後はほったらかしでよい。
詳細は紹介ページを参照にしてみてください。

 

まとめ

・ロット数を守って、確率統計的に優位性のあるトレードをすることを常に意識する。
・エントリー前に考え、エントリー時に設定は済ませる。エントリー後は自分は冷静でないと自覚する。

ピックアップ記事

  1. 「FX MISSION ZERO 」商材検証追加  『なぜ鹿子木式は銀行預金より…
  2. 【無料】鹿子木式FX勝ちパターン7日間講座が開始されました!

関連記事

  1. 投資コラム

    成功曲線とあきらめないこと

    一般的に、頭の中では、技術の向上は、青色の直線のイメージですが、FXの…

  2. スイングトレード

    「FX Realize 」特典 トレンド把握インジケーターについて

    「FX Realize 」最速で結果を出しながら学べる売買シグナル…

  3. Bランク

    「LogicalFX」を検証しました。ライントレードの優良商材です

    LogicalFXBランク商材商品概要価格 : 38,…

  4. スイングトレード

    追加投稿 【レビュー】「ぷーさん式トレンドフォロー」は、奥が深い

    詳細な紹介ページ「ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 「鹿子木式 FX勝ちパターントレード講座(ベ―シック) 」優…
  2. FXをシンプルに考えてみる(初心者~中級者用)
  3. 「FX Realize 」特典 トレンド把握インジケーターに…
  4. 【リアルトレード】FXRealize 2019年2月4日(月…
  5. 【リアルトレード】ドラゴンストラテジーFX 2019年2月4…
  1. スイングトレード

    「FX Realize 」特典 トレンド把握インジケーターについて
  2. 名言・格言

    CMの紹介 60s ホンダ CM HONDA 企業広告 「負けるもんか」 ※グラ…
  3. Beatrice DELTA2

    【検証】Beatrice DELTA2 損切、利益確定の設定についての考察
  4. FXRealize

    【リアルトレード】FXRealize 2019年2月4日(月)~2月8日(金)1…
  5. ドラゴンストラテジーFX

    【リアルトレード】ドラゴンストラテジーFX 2019年1月28日(月)~2月1日…
PAGE TOP