投資コラム

現実的な資金の増加シミュレーション 考察してみました

数稽古、検証が大切ということを前回の動画で記事にしましたが、
検証ソフトを使用した作業は面白くなく、早く実際のお金でトレードしたくなり、続かないかもしれません。

そういった人のために、仮に、優位性のあるトレードができるようになった時に、どのようにトレードで資金を増やせるかをシミュレーションしてみました。
かなり現実的な金額で考察してみました。よくある1億円を儲けるような検証ではありません。

月20万円安定して利益を得る場合

ほとんどの人はサラリーマンなどの兼業トレーダーと思いますが、本業の給料に加えて、月に20万円も安定して利益がでれば、億トレーダーを目指す方以外は満足ではないでしょうか?

条件は、一般的に可能性があるものを考えました。

ケース1(勝率50%)

・1週間のトレード回数は、6回
・ 勝率 50%
・プロフィットファクター(以後PFと記載) 1.50
・1トレード当たりの損切は、資金の2%

安定してPFを1.50で勝率50%のトレードをするのは、きちんと損切をして、メンタルも安定していないと難しいのですが、仮定とします。

この場合、資金はいくら必要か計算してみますが、仮に200万とすると、

1週間当たり
勝ちトレード金額  3トレード × 1.5 × 40000円 = 180000円
負けトレード金額  3トレード × 1.0 × 40000円 = 120000円
利益 60000円

1月当たり
6万×4週=24万円

となり、200万円の資金が必要となります。

もう少し勝率が高い場合は、ケース2としてみます。

ケース2(勝率60%)

・1週間のトレード回数は、6回
・ 勝率 60%
・プロフィットファクター(以後PFと記載) 1.50
・1トレード当たりの損切は、資金の2%

資金100万とすると、

1週間当たり
勝ちトレード金額  3.6トレード × 1.5 × 20000円 = 108000円
負けトレード金額  2.4トレード × 1.0 × 20000円 =  48000円
利益 60000円

1月当たり
6万×4週=24万円

となり、勝率が50%から60%になるだけで、かなり有利となることがわかります。
※これは、勝率を上げればよいといっているわけではなく、PFと勝率の関係が重要となります。
実際には、PFを上げて、勝率60%以上とするのは難しいと思います。

ケース1とケース2の考察

もっと多くの投資金額でトレードをすれば、もっと儲けられると考える方もいるかもしれません。

実際には、大金で投資をすればするほど、メンタルがもたないということが考えられます。

ケース2の場合、投資資金200万円で、1回当たりのトレードの損切を資金の2%としていますが、この場合、4万円です。
デモトレードの時と同じように、1トレードで4万円を躊躇なく損切しなければなりません。

仮に、投資資金を、5倍の1000万円とすると、損切額は、20万円となります。
1000万円の投資金額で、月に200万円の利益を安定して得ようとすると、数千円の損切と同じメンタルで20万円の損切ができなければならないことがわかります。

100万円を300万円に増やす場合

ケース1の場合

前提条件をケース1の場合として、複利で増えるという条件とします。
0カ月  100万円
1か月後 112万円 (+12万)
2か月後 125万円 (+13万)
3か月後 140万円 (+15万)
4か月後 157万円 (+17万)
5か月後 176万円 (+19万)
6か月後 197万円 (+21万)
7か月後 221万円 (+24万)
8か月後 246万円 (+26万)
9か月後 277万円 (+30万)
10か月後 310万円 (+35万)

10カ月後には、300万円です。

ケース2の場合

0カ月  100万円
1か月後 124万円 (+24万)
2か月後 154万円 (+30万)
3か月後 190万円 (+37万)
4か月後 236万円 (+46万)
5か月後 293万円 (+57万)
6か月後 363万円 (+70万)

5ヶ月後には300万円です。月の利益は50万です。

考察

長期的に安定して利益がでる手法・トレード技術を身につけると、複利で短期間に資金が増えていくことがわかりました。

今回のケース1の条件を再掲すると、
・ 投資資金100万円
・1週間のトレード回数は、6回
・ 勝率 50%
・プロフィットファクター 1.50
・1トレード当たりの損切は、資金の2%
といった、スーパートレーダーのような勝率ではありません。
きちんとしたトレードができると、月に20万円安定して利益を得ることができます。

逆説的にまとめると、
・きちんと資金の2%の損切をする
・PF1.50 の優位性のあるトレードをする
をせず、目先の金額を守って損切をしないこと、また、優位性のない根拠のないトレードは、長期的には、やめた方がよいことがわかります。

参考データ

あくまで参考として、ケース2の場合に2000万円、複利で増やす場合をエクセルで計算してみました。
ただし、実際には、複利でこのように増やすのは現実的には困難と思いますので、
利益がでたら、毎月出金して、同じ投資金額からスタートするのが、メンタル面では、理想ではないかと思います。

0カ月   100万円
1か月後  124万円 (+24万)
2か月後  154万円 (+30万)
3か月後  190万円 (+37万)
4か月後  236万円 (+46万)
5か月後  293万円 (+57万)
6か月後  363万円 (+70万)
7か月後  450万円 (+87万)
8か月後  559万円 (+108万)
9か月後  693万円 (+134万)
10か月後 859万円 (+166万)
11か月後 1065万円 (+206万)
12か月後 1321万円 (+255万)
13か月後 1638万円 (+317万)
14か月後 2032万円 (+393万)

ピックアップ記事

  1. 「マーケティングFX 」優良商材Sランク【検証とレビュー】
  2. 【無料】鹿子木式FX勝ちパターン7日間講座が開始されました!
  3. 「FX MISSION ZERO 」商材検証追加  『なぜ鹿子木式は銀行預金より…
  4. 【絶対におすすめ】必須ソフトの紹介 「MT4裁量トレード練習君プレミアム」

関連記事

  1. 投資コラム

    2017年お世話になりました。2018年はさらにみなさまのお役に立てる情報を提供致します。

    2017年も早くもあと数日となりました。今年もいろいろありました。…

  2. 投資コラム

    成功曲線とあきらめないこと

    一般的に、頭の中では、技術の向上は、青色の直線のイメージですが、FXの…

  3. 投資コラム

    一週間でマスター FX入門 なぜ鹿子木式は 銀行預金より安全で不動産投資より稼ぐのか? 

    一週間でマスター FX入門 なぜ鹿子木式は 銀行預金より安全で不動産投…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. おすすめ FX会社「TitanFX」 かなり良い
  2. サイトの紹介 ぷーさん式FX FX基礎知識
  3. ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝のレビュー…
  4. ぷーさん式逆張りトレードマニュアル火花のレビュー
  5. 【リアルトレード】「ぷーさん式トレンドフォロー 輝 」201…
  1. ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝

    「 ぷーさん式トレンドフォロー2018version 」Sランク商材【検証と…
  2. Dealing FX

    「Dealing FX ~プライスアクショントレードマニュアル~ 」 を検証し…
  3. スイングトレード

    おすすめ優良インジケーターのご紹介 裁量トレーダー用 その2
  4. 投資コラム

    一週間でマスター FX入門 なぜ鹿子木式は 銀行預金より安全で不動産投資より稼ぐ…
  5. Aランク

    「FX Realize 」特典 トレンド把握インジケーターについて
PAGE TOP